サイトマップ

アイフルのキャッシング

アイフルは大手消費者金融です。消費者金融というと返済が大変というイメージがありますが、現在は法改正などによって、金利も下がり、強引な取り立ても行われてはいません。アイフルは急ぎでお金が必要な人や、ちょっとしたトラブルで手軽にお金を借りたいという人に向いています。

 

アイフルでお金を借りるには、条件や手順があります。申込み前に大体の手順を把握しておけば、手続きがうまくいかなかったり融資が間に合わなかったりといったトラブルを回避できます。

 

アイフルの申込み条件

アイフルには申込み条件があります。成人していて、安定した収入がある人が、申込み対象となります。未成年者は契約できません。安定した収入があればいいので、パートやアルバイトでも収入があれば申込みが可能です。

 

アイフルでは専業主婦や就職活動中の人は、申込みができません。その代り、収入があれば条件は厳しくはありません。

 

 

アイフルの申込み方法

アイフルには様々な申込み方法があります。特に人気があるのが、電話による申込み、インターネットによる申込み、契約機での申込みの3つです。申込み方法がたくさんあれば便利にも思えますし、逆にどの申し込み方法が適しているのか悩むという人もいます。

 

しかし、アイフルならば、申込み方法でそれ程悩む必要はありません。公式サイトから借入れスタイル診断にアクセスをすると、簡単ないくつかの質問に答えるだけで、自分に適した申込み方法を選んでくれます。どうしてもわからなければ利用してみるとよいでしょう。

 

参考までに、店舗が近くにあり、すぐにお金を受取りたいなら契約機、時間や場所を選ばずに手軽に申込みをしたいならインターネット、ネットやタッチパネル系の操作が苦手で不安点も質問しながら手続きをしたいなら電話が適しているでしょう。

 

急ぎの場合には店舗や契約機での手続きが基本であり、アイフル以外の利用を考えるとするなら多くの契約機の設置があるプロミスのカードローンが良いです。プロミスならプロミス福岡市を見ての通り九州地方にも多くの店舗や契約機があるので、全国各地で便利に利用ができます。

 

本契約に必要な書類

本契約時には本人確認書類が必要となります。免許証があれば免許証、なければパスポート、住民基本台帳カード、在留カード、マイナンバーカードなどでも代用が可能です。ただし、本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合、公共料金領収書や住民票などの住所証明書類も必要となります。

 

また、アイフルでは借入金額などの条件によって、収入証明書類が必要になる場合もあります。源泉徴収票や直近2カ月分の給与明細書、所得証明書などのいずれかが必要となります。

 

アイフルで収入証明書類が必要にケースは3つあります。1つはアイフルの限度額が50万円を超える場合、2つ目は他社を含めた借入総額が100万円を超える場合です。これらは貸金業法という法律に基づいて定められています。また、3つ目のケースとして、審査の過程で提出を求められる場合もあります。

 

審査ではどのような人が落ちるのか

アイフルでは申込み時に審査があります。審査に落ちてしまうと融資を受けられないので、審査は重要です。アイフルでは、融資できそうかどうかの判断を1秒で判断する機能があります。本審査は30分程度かかるので、お試しで融資できそうかを知りたい時には安心です。

 

実際の審査ではその人の年齢や住まい、家族構成や勤務形態、年収や他社の借入れ状況など、様々な項目を基に診断を行います。審査の結果、希望する金額よりも限度額が多い時や少ない時もあります。

 

だからといって、例えば派遣社員は必ず審査に落ちるとか、50歳以上は必ず審査に落ちるとか、そういうわけではありません。審査では様々な項目を総合的に判断します。

 

ただし、現在複数社から借入れをしている人や、返済関連で遅れがある、遅れが過去にあった、という人は、審査に落ちる要因になるので注意が必要です。

 

他の消費者金融でも同様の基準となっており、細かな審査の内容はそれぞれの利用先によって変わるものの、上に挙げたような内容は基本中の基本であるためにどこでも同じなのです。

 

アイフルと似た条件での借入れが可能となるプロミス川口の審査でも最短30分と回答は非常にスピーディですが、見るべき点はしっかりと見ているために気をつけなければなりません。